ヘルペス治療薬、バルトレックスの解説

病原体

バルトレックスは、単純ヘルペスウイルス感染による皮膚症状や疼痛に改善効果を有する治療薬です。
有効成分にバラシクロビルを配合することでヘルペスウイルスの増殖を抑制し、皮膚症状をはじめとした諸症状の緩和を期待できます。
特にヘルペスウイルスファミリーに属する原因菌により発症する帯状疱疹では、後遺症の帯状疱疹後神経痛の発症を半分程度に減らすことが出来るとされています。

バルトレックスはヘルペス治療にかねてより使用されてきた長い歴史と実績があるので、ジェネリック医薬品も販売されています。
バルトレックスのジェネリック医薬品としては、セントレックスがあります。
ヘルペスウイルスに起因する症状であればいずれも、ウイルスが増殖するのに必要なDNAポリメラーゼの働きを阻害することで、増殖抑制効果を発揮します。
一つのポイントとして、症状出現後可能な限り早く投与を開始する必要がある点を挙げることが出来ます。

その理由として、感染初期や再発初期にはウイルスの増殖が活発で、細胞分裂が活発な段階でバルトレックスを投与すればその分、効果的にウイルスの増殖を抑制できるからです。
一度経験された方では、再発の前兆を感覚的に認識することが出来るので、ちくちくした感覚や違和感を覚えた段階で、服用を開始するのが理想的です。

バルトレックスもそのジェネリック医薬品であるセントレックスも、薬局やドラッグストアで市販されていません。
病院で医師の処方箋を出してもらって入手するのが一般的な方法です。
しかし個人輸入で購入すれば診察料などが不要なため格安で入手することが出来ます。
特にジェネリック医薬品を選べば、先発薬よりかなり安い値段で入手できます。
ヘルペスの再発に備えて、常備薬の一つにしておく方法もあります。

バルトレックスの副作用には、腎機能障害が懸念されます。
高齢者や腎疾患を持つ方は、注意が必要です。
まれに精神失調や意識障害が報告されているので、服用後の車の運転や危険を伴う機械操作などには、十分注意して下さい。

バルトレックスのジェネリックを紹介

バルトレックスは効果の高いヘルペス治療薬ですが、病院で処方してもらうと1錠あたり約500円近くもする薬価の高さがデメリットです。
服用すればほとんどの人が症状を軽快させることができるものの、あまりに高い薬なので保険適用では1ヶ月に5日分までしか処方してもらえません。
それ以上必要な場合は自己負担となるのですが、同じく5日分を購入すると5,000円もかかってしまいます。
中には1ヶ月に3回も4回も再発する人もおり、治療費が高くつくのは非常に大きな負担です。

そんな場合は、バルトレックスのジェネリック医薬品を検討しましょう。
バルトレックスは既に特許が切れているので、複数のジェネリック医薬品が登場しています。
代表的なのは、セントレックスという商品です。
セントレックスはバルトレックスと同じくバラシクロビルを主成分としたヘルペスの治療薬で、1錠あたり約200円から300円程度という安い価格で購入することができます。
5日分だと2,000円から3,000円ほどで済むので、経済的負担も大きくありません。

ジェネリック医薬品を購入する場合、病院で処方してもらう以外に海外で販売されているものを個人輸入するという方法もあります。
セントレックスは今のところ国内では認可されていないため、使いたいならネットを通じて個人輸入するしかありません。
個人輸入だと非常に安い価格で購入できますし、まとめ買いも可能です。
まとめ買いをすると割引が大きくなり、より安い価格となるのでお勧めです。

ただ、ジェネリックとはいえバルトレックスと同じ成分を使用しているので副作用のリスクも同じだけあります。
頭痛や吐き気、黄疸などの不調を感じたら使用を中止し、医師の診察を受けるようにしましょう。