元祖ヘルペス治療薬といえばゾビラックス

心配している女性

ヘルペス治療で最も古くから利用されている抗ウイルス薬は、ゾビラックスという商品です。
ゾビラックスはアシクロビルという有効成分で構成されており、服用するとウイルスに感染した細胞内でリン酸化し、ヘルペスウイルスの増殖を邪魔する阻害ウイルスとなります。
同じ効果を持つ薬としてバルトレックスが有名ですが、バルトレックスはゾビラックスを元に開発された薬なので元祖と言えばやはりゾビラックスになります。

ゾビラックスは正しく服用すれば高い有益性を発揮する薬なのですが、成分が分解されやすいため体外に排出されやすいという点がデメリットです。
このため、有効な濃度を維持するために1日に5回も服用しなければなりません。
バストレックスは1日2回の服用で済むため、現在ではゾビラックスをまず処方することは少ないでしょう。
バルトレックスを使っても効果が得られなかった患者に処方されるというケースが多いですが、まだまだ活躍している薬です。

一方で、バルトレックスと比べると薬価が安いというメリットもあります。
ジェネリック医薬品も数多く販売されており、選択肢の幅が広いのが特徴です。
最近ではわざわざ病院に行かなくても、インターネットを利用した個人輸入でゾビラックスを通販サイトで購入できるようになっており、お守りとして手元に持っておきたい人に人気があります。

ゾビラックスは原則5日間の服用でヘルペスを改善させる効果がありますが、発症してからできるだけ早く服用する必要があります。
発症から6時間以内、遅くとも24時間以内に服用しないと顕著な効果が得られないので注意が必要です。
早く服用すればするほどヘルペスの治療効果は高くなるので、違和感を感じたらすぐに病院へ行って処方してもらいましょう。
忙しくて病院へ行けないという人は、やはり個人輸入などで常備しておくと安心です。
ただ、個人輸入の場合は副作用などが起きた場合に対処に悩むこともあるので、事前に副作用について知っておくことをお勧めします。

ゾビラックスの副作用とは?

バルトレックスが主流で使われるものの、リン酸化することでヘルペスに対しての阻害ウイルスとなることから、効果的な薬として活躍を続けているゾビラックスの副作用は抗ウイルス剤の中では少ないと言われています。
しかし、どんな薬にも副作用はあります。
有効成分アシクロビルの服用によって起こり得る副作用は下痢や吐き気、発疹、めまい、眠気、頭痛などです。

腎臓の悪い人や高齢の方は、体内での薬の分解に時間がかかり薬の成分の排泄が遅くなることが多く、腎臓への負担が大きくなる可能性があります。
腎臓、肝臓に疾患がある方や子供、高齢の方が服用する際は医師の指示を受けましょう。
また、めまい、眠気などの症状も副作用としてあり得るため、車の運転や高所での作業、その他危険をともなう作業等は十分に注意をし、体調に異常を感じたら控えるようにしましょう。

用法、用量を守っていれば重篤な副作用はほとんどないものの、過剰な摂取により意識障害など重い症状が出る可能性もあります。
症状が出た場合は直ぐに医師の指示を受けることが必要です。
滅多にないものの出る可能性のある副作用として、アナフィラキシーショック、肝臓の重い症状、急性腎不全などがあります。
重い副作用は早急な治療を受けることが大切です。
初期症状を知っておき注意するようにしましょう。
初期症状は主に吐き気や冷や汗などの症状、息苦しさなど呼吸の異常、めまいや意識の薄れなどの意識障害です、他にも発熱したり排尿に関する異常が出たり蕁麻疹や喉の痛み、食欲不振などが現れます。

ゾビラックスに限らず薬の飲み合わせも副作用の原因になります。
他の薬を服用中の方や持病のある方、妊娠中の方は必ず医師に伝え処方された用法や用量を守り自己判断での過剰摂取や服用の中断はやめましょう。