性器カンジダの症状や原因について

性器カンジダ症は性器のかゆみやただれ、炎症、性交時、排尿時の痛みがあります。
女性の場合はヨーグルト状のおりものが増加する事もあります。
カンジダ属の真菌(カビの一種)によっておこります。
性行為で感染する事もありますが、基本人間が体内に持っていて何らかのきっかけで症状が現れてきます。
特徴として症状としてあらわれるのは男性よりも女性が多いです。

原因である真菌が陰部にある時に、疲れが溜まって免疫能力が低下していたりステロイド剤、抗生物質を服用している時に症状として現れてきます。
感染経路としてはもともと口腔内や手などにある性器カンジダ症の真菌が性交時に感染したり、自己感染する事もあります。
またきわめて確率は低いですが公衆浴場などの施設でタオルやイスなどから感染する事も考えられます。
他に低容量ピルを服用している時は膣内が酸性に傾きます。
酸性は性器カンジダ症が増殖するのに適した環境になるので注意する必要があります。

症状が発症する原因は免疫力が低下している時に出やすくなる事は前述しました。
特に女性の場合は陰部を洗いすぎると性器カンジダ症を抑える善玉菌まで洗い流してしまいその結果、悪玉菌が増殖、活性化してしまい症状が出ることがあります。
あまり石鹸などでごしごしこすったりせずにやさしく洗い流すのが良いといえます。

予防法は下着を清潔にしたり生理時にこまめにナプキンを取り替えたり性交時にはコンドームの着用をする事が大事です。
通気性をよくする事が大事ですので必要以上に締め付ける下着やガードルにも注意が必要です。
他にも体力が落ちている時や風邪をひいている時などは免疫力が低下しているので休息を十分にとる事が重要になってきます。

性器カンジダ症の症状が現れた時の治療法にはケトコナゾールやニゾラールといった薬が有効的です。
体に性器カンジダ症の真菌があり治療後もすぐ症状が再発する時にはエンペシドやクロトリマゾールが有効的です。

カンジダにはクロトリマゾールとケトコナゾールを使う

ニゾラールに含まれるケトコナゾールはという抗真菌薬の一種で、カビやキノコ、酵母などの仲間に分類されます。
ケトコナゾールはこの真菌に対して有効で増殖を働きがあるためカビの一種であるカンジダ菌が原因となる性器カンジダ症の治療に効果を発揮するのです。
真菌はエルゴステロールという成分を作り細胞膜を維持することで生存しています。
その細胞膜を作るのをケトコナゾールは妨害する作用があり、細胞膜を維持できなくなったエルゴステロールは死滅することになるのです。
「細胞膜の維持を妨害する」という作用を聞くと副作用の心配があるかもしれませんが人体の細胞膜にエルゴステロールは存在しないため服用により人の細胞膜への影響はありません。

ニゾラールはクリームタイプの外用薬です。
基本的には完治するまで1日1回、2~3週間継続した塗布が必要となります。
人体の細胞膜への悪影響はないものの薬である以上副作用は存在しますが、皮膚に塗る外用薬は用法、用量を守って使用していれば体への吸収は内服薬ほど高くないため重篤な副作用が現れることはほとんどありません。
起こる可能性があるものとしては発赤、紅斑、かゆみ、かぶれ、などです。

エンペシドも抗真菌薬の一種でクロトリマゾールが含まれています。
ニゾラールと同じで菌を死滅される効果がありますが、ニゾラールは外用薬なのに対し、エンペシドは錠剤です。
主に女性の膣に症状が現れた時などに用い、1日1回寝る前に膣に挿入します。

ニゾラールやエンペシドを正しく使用すれば、性器カンジダ症はきちんと治療すれば完治できる疾患です。
しかし、免疫力の低下などにより再発しやすいですし、妊娠中の女性の場合胎児に感染する恐れもあります。
普段から意識的に予防しながら、症状に気が付いたら早めの治療を開始してください。