性病は定期的な検査がおすすめです

性病は性交渉などにより保菌している人と接触することで、原因となる菌が感染して起こります。
炎症などを起こすことから痛みや膿の分泌などの症状が起きますが、無症状であることも珍しくなく、その場合、感染していることに気づかずに性行為をすることでパートナーに感染させる可能性もあります。
気づかぬうちに体内で進行して重症となることもあります。
それを防ぐためにも定期的な検査の受診がポイントとなります。

性病の検査は医療機関や保健所で受けることができます。
細菌が原因であることから体内から細菌が見つかれば陽性、見つからなければ陰性と言うことになります。
どの部位にどのような症状が現れているかにより、検査の方法は変わります。
検尿などであれば採尿したあとに顕微鏡で菌の有無を調べます。
そのため、即日で結果が分かることもあります。

採血検査では専門機関に依頼することから、検査結果が出るまで時間がかかります。
医療機関で受診すると保険証を提示することで自己負担額を減らすことができますが、家族に知られてしまう可能性があります。

世帯持ちの方など、家族に知られずに検査を受けたいと考える人もいます。
そのような場合には保健所でも受診できます。保健所では匿名で検査を受けることができます。
ただ、いつでも受けることができるわけではなく、あらかじめ決められた日にちに決められた種類の病気の検査が可能です。
そのため、特定の病気の検査をしたいと言う場合には保健所に問い合わせることが大事です。
検査は匿名で受けることができ、受診したあとに番号が書いた紙を渡されます。
結果を聞くために必要となるので保管しておくことがポイントです。

インターネットから専用のキットを配達してもらい自宅で行うこともできます。
やり方は体液を採取するなど簡単なものです。
正確な結果を知るためには正しいやり方で行う必要があります。
もしも陽性であれば病院に行くことになります。

自宅、病院、保健所で行なう性病検査の違い

性病の検査は自身に合ったやり方で行うことができます。
近年では自宅で検査ができるキットも販売されているため、家族やパートナー、職場の方などまわりにばれることなく利用できるのが嬉しいメリットです。
また、診察料がないことや、追加費用が発生しないなど必要な費用が明確に提示されていて購入する際は安心です。
費用面だけでなく、待合で待つ必要がなく、検査結果も携帯やPCで見ることができるのも安心です。
しかし、自宅検査では万が一治療が必要となった場合、保険証を用意して医療機関に足を運ぶ必要があるので再検査を行う場合もあります。

病院の特徴は、しっかりとした検査が行えることです。
様々な検査を受けることができるため、必要に応じた方法を選ぶことができます。
明確な症状が出ている場合は、病院で検査を行った方がすぐに治療に取り組めるのでおすすめです。
性病検査のみの診療の場合、保険適用外となり高額な費用が必要となるケースもあるため注意が必要です。
安心して治療を受けるためには信頼できる病院を選ぶことや、通いやすい環境を選ぶことが大切です。

保健所は無料であるとともに、匿名で利用できることがメリットです。
しかし、特定の検査を受ける場合、日程が決められておりその日しか受けることができない地域もあります。
利用する際も先着順で受けられる人数が決まっていることが多いので、早めに受付しないと利用できません。
さらに、結果が出るまで時間がかかることや、万が一の際には病院に足を運ぶ必要があるなど治療することはできないことも特徴です。
費用をかけたくない方にはおすすめですが、こうした特徴を踏まえて自身が利用しやすいと思える機関を利用しましょう。