淋病も感染者が多いメジャーな性病

近年、性感染症が若い人を中心に流行っています。
性感染症と一口に言ってもいろいろありますが、その中でも、淋病が増加傾向にあります。
淋病は淋菌に感染することが原因で引き起こされます。
淋菌は基本的にはそれほど強い菌ではなく、粘膜を離れると数時間で感染能力が失われてしまいますし、湿度の変化にも弱い菌です。

基本的に、温かい湿度の高い環境が淋菌の好みの環境です。
男女ともに淋菌には感染しますが、症状が強く出るのは男性です。
男性の場合は尿道から膿が排出されるとともに、強い痛みを伴います。
そのため、自覚症状としてはかなりはっきりしており、感染後の病院の受診もスムーズです。

ですが、女性の場合は、男性の様な自覚症状がほとんどありません。
そのため、知らず知らずのうちに淋病になっていることがあります。
感染者とのセックスによる感染率は30%ぐらいだと言われています。

予防方法としては不特定の相手とのセックスは避け、セックスをするときはコンドームを使用することが重要です。
これだけで、かなり感染の確率を抑えることができます。
淋菌が感染する場所は、男性であれば尿道の粘膜、女性であれば膣の粘膜が中心でした。
近年のオーラルセックスの一般化によって、男女とも喉の粘膜への感染(咽頭感染)が増加しています。
通常のセックスではコンドームを使用することで予防できます。

しかし、オーラルセックス時のコンドームの使用率は通常のセックス時ほど高くはありません。
これにより、性器から喉、喉から性器或いは喉へと感染が拡大していきます。
この様にして人体のこれまであまり感染しなかった部位での感染が増加しています。

また、淋菌に感染した状態で女性が出産すると母子感染をすることがあります。
母子感染時には赤ちゃんの目に感染することもあります。
この目に感染してしまった場合は、早期の治療を行わないと赤ちゃんが失明するなど極めて重大な結果を残してしまうことにもなります。
そのため、注意が必要です。

淋病の治療方法について

淋病は、細菌の一種である淋菌に感染することで発症する性感染症です。
様々な種類がある性感染症の中でも、感染頻度が高いのが特徴です。
患者数の多くは男性で、女性は感染しても自覚症状が男性ほど現れません。

原因は主に性行為にあり、粘膜を通して感染することから性器や肛門、咽喉などの部位はすべて感染経路となります。
ごくまれに、性行為以外にも公共のトイレや大衆浴場などが感染経路となる可能性があります。
淋病の病原菌は高温にも低温にも弱く、30℃から40℃と人体程度の温かい環境と適度な湿度が必要です。
性行為以外の感染は、それほど心配することはありません。
性行為の際にコンドームを着用するなどの予防を行った方が、感染を防ぐ確率が高まり性病の中には、人体のもつ免疫力の働きで自然と治癒するものもあります。

淋病は自然治癒には期待できなく、放置により重篤な症状が現れる可能性があります。
そのため、淋病に発症した場合は症状が進行する前に早めの治療を受けることが大切です。

淋病の病原菌である菌は、気温が低くなっても高くなっても生き残れず、乾燥にも弱い特徴があります。
そのため、一時的に自覚症状が無くなることがありますが、ほとんどが死滅せず人体の奥深くに潜伏しているだけです。
再び発症する場合、以前より症状が重くなる可能性があるため注意しましょう。

また、潜伏している状態でも、性行為を行えばパートナーに菌を感染する力があり淋病の治療には注射や内服薬などがありますが、最も多い治療法が注射によって抗生物質を投与する方法です。
症状が重篤なものでなければ、基本的に注射薬を1回打つだけで治療が完了します。
非常に効果的で、さらに保険が適用される薬もあり、淋病治療は性感染症の中でも簡単です。